結婚式電報

マナーの第一は、気持ちを込めて送ること

気持ちを込めて、マナーを守った結婚式電報

 

結婚式に欠席する場合にお祝いする方法として、電報を送るということがあります。

 

結婚式電報,結婚式の電報,結婚式電報送り方のマナー

 

近頃は電報の種類も数多くあります。
きれいな台紙だけでなく、花を一緒に送れたり、キャラクターやぬいぐるみの電報もあります。もらう側の人に合わせて選べばいいと思います。

 

 

 

さて多様化してきた電報ですが、結婚式電報送り方のマナーがいくつかあります。

 

まず忌み言葉は慎みましょう。
お祝いしたいという気持ちを込めることが大事です。
別れる、切れる、重ね重ねなど離婚や再婚を連想させる言葉を避けます。

 

到着は、遅くとも披露宴開始の一時間前には着くようにします。

 

そして、出来る限り余裕をもって早い段階で手配します。

 

宛名は二人宛が望ましいですが、どちらか一方しか関わりがない場合は、一方でもかまいません。

 

新婦に送る場合は旧姓で送ります。

 

送り先は披露宴会場を指定しますが、
意外と間違いが多く、時間までに届かない場合がありますので注意が必要です。
電報文については、様々な参考例が本やネット、電報サービス会社にありますので参考にして作成します。

 

おすすめは、その参考例にプラスして、送る側と送られる側しかわからないちょっとしたメッセージを入れることです。

 

それだけでオリジナリティある電報になり、お祝いの気持ちがより深く伝わることになります。

 

 

 

結婚式電報送り方のマナーについて

 

 

結婚式電報送り方にもマナーがある!

 

大切な人の結婚式にどうしても出席できない場合、電報を送ってお祝いをする方法があります。

 

 

 

そんな電報には色々な種類があるのです。

 

 

 

台紙を使うもの、ぬいぐるみ、バルーン、メロディー、押し花、刺繍、ブリザーブドフラワーなどがあるのです。メロディー電報というのは開けた時に音楽が流れるようになっています。音楽を聞きながら文章を読むことができて素敵です。
押し花電報は結婚式の定番で、美しい花の形や色をそのまま押し花にしてあるのです。
刺繍電報は一針一針心をこめて刺繍をされた電報で、上品でロマンティックな印象を与えます。
幸せを紡ぐ糸をいう意味もあるのでお祝い事には最適です。

 

 

 

ブリザーブドフラワー電報はお祝いのメッセージと一緒にお花も一緒に贈るのです。
ぬいぐるみ電報はキャラクターのぬいぐるみが人気で、ぬいぐるみと一緒にメッセージを送ってくれます。
喋るぬいぐるみもあるのです。

 

結婚式電報,結婚式の電報,結婚式電報送り方のマナー

 

 

 

結婚式電報送り方のマナーとして、使ってはいけない言葉があるので知っておくといいでしょう。
切れる、離れる、別れる、戻る、戻すなどは使わないようにします。
式が始まる1時間前までに届くように手配しておく必要があります。
披露宴の日程が事前に分かっているのであれば、早めに手配しておくといいでしょう。

 

結婚式電報送り方のマナー記事一覧

結婚式電報のマナー

結婚式電報送り方にもマナーがある!大切な人の結婚式にどうしても出席できない場合、電報を送ってお祝いをする方法があります。そんな電報には色々な種類があるのです。結婚式電報のマナー台紙を使うもの、ぬいぐるみ、バルーン、メロディー、押し花、刺繍、ブリザーブドフラワーなどがあるのです。メロディー電報というの...

≫続きを読む