結婚式電報

結婚式の電報に関するマナーについて

結婚式電報のマナー・宛先

 

結婚式はとても嬉しい行事の一つです。
結婚式に招待をされた場合には、出来る限り出席するのがマナーとなっています。

 

 

 

しかし、どうしようもない理由で欠席をする場合等には、結婚式電報を贈ってお祝いの気持ちを伝えるのも良いものです。

 

 

 

結婚式電報を贈る際には、いくつかのマナーがあるので、きちんと押さえておく事が大切です。

 

 

 

まず一つ目として、届けるタイミングがあります。

 

結婚式は予め日程等が把握出来るので、早めに手配をするのが基本です。
式が午前の場合には前日に、午後の場合には式が始まる2時間程度前までに届くように手配をします。
この際の宛先は式場になります。

 

 

 

ただ、式場によっては前日受け取りをしていない所もあるので、事前に式場に確認をしておく事も大切です。

 

 

 

二つ目に宛名についてです。
これは旧姓で贈るのが一般的です。

 

 

例え入籍を終えていたとしても、披露宴は両家の名前で行なう場合が多いからです。

 

また、文面に関しても注意が必要です。

 

予め用意されている文面を活用する場合には問題ないのですが、自分で文面を考える場合には配慮が必要です。
縁起の悪い言葉や、再婚等を連想させる重ね言葉を使う事は絶対に避けなければいけないです。

 

 

 

何度も文面を確認した上で手配する事が大切です。

 

 

 

結婚式電報の宛先は、気をつけなければなりません。

 

 

宛先となると相手先か結婚式会場か

 

結婚式の招待状を受け取ったけれど、日程や住んでいる場所等の理由で出席できない場合、結婚式電報を送ってお祝いをする形を取ります。

 

 

 

昨今の結婚式電報にはメッセージカードと共にぬいぐるみやバルーン、花など何か付録したものが多くなっています。
ただ、この結婚式電報をいつ、どのタイミングで、宛先はどこに送ったら良いのか悩むのではないでしょうか。

 

 

 

いつ、どのタイミングで、は結婚式当日は忙しすぎることを考慮すると、前日までに届くようにと考えれば相手方に失礼はないので前日までに届くよう手配します。
しかし、宛先となると相手先か結婚式会場か、確認しないといけません。

 

 

 

結婚式電報の宛先は、結婚式会場に前日までに届くように手配するのが一般的です。

 

ただし、結婚式の当事者の意向で自宅に届けてくださいと指定がある場合もあります。
故に、結婚式の招待状をもらった時点で、招待状に書かれている内容を隅から隅までしっかりと読む必要があります。
そこで電報に関する指定の文言があった場合はそれに従い、特に何も指定がなかった場合は結婚式会場の住所に送ります。

 

 

 

また結婚式電報の宛先について、気をつけなければならないのは宛名です。
結婚する二人の名を連名で、新婦は必ず旧姓で記名することが望ましいとされています。