結婚式電報

結婚式電報のメッセージはひねりのある文章にする

結婚式に行けない時は「電報」でお祝いのメッセージを贈ります。

 

当たり前のことですが、電報は3日前までにきちんと当日届くように手配をしておきます。

 

そして、当然ですが、幸せになる2人にふさわしいメッセージを贈ります。

 

 

 

結婚式電報,結婚式の電報,結婚式電報メッセージ
結婚式電報は、ありきたりな言葉が多すぎて、イマイチ気持ちが伝わらないと言われているようです。
そんなことのないように、自分の言葉で自分なりのメッセージを考えます。

 

 

 

形式ばったメッセージだとどうしてもつまらなくなってしまうので、オリジナリティーのある言葉を添えます。
ちょっとユーモアが入った文章なら、インパクトを与えることができます。
しかし、やりすぎてしまうと、ひいてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

 

 

例えば、

 

結婚おめでとうございますの後に
「今年のスキー場は、2人の愛で溶けてしまうでしょう」

 

会社の同僚の場合は
「今年はイケメンがいなくなり、自分にもチャンスがくるでしょう」

 

仲の良い後輩の場合は
「結婚はドラマのようなもの、いつまでも長く続いているドラマのように視聴率を保ち、最終回のないドラマを作ってください」

 

等など…、結婚式に送る電報の文章に工夫を入れると面白いですし、

 

少しひねりのあるメッセージを贈ると、結婚式のかたい雰囲気もなごみます。

 

 

結婚式電報の類のほとんどは平面的なものになっていますが、
最近は、

 

しゃべキャラに代表されるように、キャラクターにお祝いのメッセージを託したり、

 

結婚式電報,結婚式の電報,結婚式電報メッセージ

 

バルーンを飛ばしてメッセージを伝えていくような、ちょっとひねった工夫がみられるようになりました。

 

 

 

結婚を祝おうという、メッセージを上手く伝えるには、できる限り簡潔な内容にしていく必要があります。
わかりよい文面を、どういうものにしていくのか、よ〜く考える必要があります。
どんなものが、理想的なのかについて、知っておくことが大事なのかもしれません。

 

 

 

さらに文例は、

 

電報サービス事業者の文例を、参考にしていくようにしていくことが、
現代では主流になっていることから、自分のプロデュースした案に沿えるようなものを、
いくつかピックアップしておくことも重要なのです。

 

 

 

当日まで、綿密な準備をして、新郎新婦を驚かせるような、

 

サプライズ的な試みは、粋な計らいとして評価されているのです。

 

電報を送りあうような素敵な文化が若者たちにも無事に継承されていけば、
お互いを想う気持ちもより一層深いものとなるのです。

 

 

 

それから、人間性が出るという魅力的な要素が、電報にはあるのです。

 

 

 

文面を工夫していくことにより、自分自身のよさもアピールしていくことが見込めます。

 

ちなみに結婚式に招待されるならば、

 

こういった演出も考えておくようにしていくことが大切であるのです。