結婚式電報

友人へ送る、喜ばれる結婚式電報の文例とコツ

結婚式電報 文例 友人

 

友人の結婚式に電報を送ることになったという時、どのような文章にすればよいのでしょう。

 

今回は友人の結婚式電報の文例をいくつかか紹介したいと思います。

 

結婚式電報,結婚式の電報,結婚式電報の文例

 

まずは新郎に送る場合です。

 

〇〇君、〇〇さん、ご結婚おめでとうございます。
〇〇君とは小さい時からよく遊んで、悪さばかりしていましたね。
そんな彼がこんな素敵なお相手を見付けて、とても驚きとともに嬉しさいっぱいです。実はしっかりしたところもある彼なので、しっかりと〇〇さんを幸せにしてくれることでしょう。

 

 

 

次に新婦側に送る場合です。

 

〇〇君、〇〇さん、ご結婚おめでとうございます。
今日のドレス、とても綺麗で素敵でよくお似合いです。
〇〇さんは昔からきちんとした子で、お料理も得意で手先も器用。きっとおいしい手料理で温かい家庭を作れると思います。〇〇君をしっかりと支えてあげてくださいね。

 

 

 

このような感じに、新郎、または新婦との思い出話や、今日の日を心からお祝いしているという気持ちがわかる言葉を一言入れると喜ばれますし、より心のこもった電報になります。

 

また、送る電報の種類もぬいぐるみが付いているタイプやポップアップタイプなどたくさん選べるようになっているので、一ひねりあるタイプを選んで喜ばせるというのもおすすめです。

 

 

 

結婚式電報の文例を使用する理由

 

 

 結婚式に参加できない場合などに非常に便利なツールとして用いられる電報ですが、最近では実に様々な種類のものが存在しています。昔ながらの手紙のようにしたためたものもあれば、若者に好まれる、ぬいぐるみが電報を抱っこしたものなどもあり、見た目に華やかで面白みがあります。

 

しかし、その内容には年齢に関係なく、共通して言えることがあります。

 

 

 

それはそこにしたためるべき言葉の選び方についてです。

 

 

 

結婚式とは神聖な場面であり、そこに使うべき言葉、使わないでおくべき言葉などがあります。
なんの気なしに本人のことを思って使用した言葉でも、実はその場にふさわしくなかったり、常識がないと思われたりする結果に繋がるので注意が必要です。

 

 

 

そこで、大抵の場合に結婚式電報の文例が使用されるのです。
それには、自分では思いつかないような広がりのある文章や、素晴らしい言葉の連なりが存在しています。

 

 

 

また、間違いのない言葉選びがされています。
それらを大いに活用し、さらに自分の伝えたい思いやメッセージ等を盛り込むことによって、オリジナルの電報が完成するのです。

 

 

 

言葉だけで伝える、そこに電報を送ることへの難しさがあります。
送られた相手の喜ぶ顔を思い浮かべるように、気持ちをこめて用意することが最も大切です。

 

結婚式電報の文例記事一覧

文例の活用

結婚式電報の文例について仲の良い友達に、結婚式のお祝い電報をおくりましょう!結婚式電報,結婚式の電報,文例の活用リラックスして考えてみましょう。あまりくだけるといけません。親戚や会社の上司にも聞いてもらえる範囲に。全ての文章を1から考えるのもおっくうだったら、文例を活用してください。比較的、簡単にお...

≫続きを読む